☆全て実話です! 笑っちゃう事も泣ける事もツラい事もみんなウチで起きたホントのお話~☆

プロフィール 

ふ~みんまま

Author:ふ~みんまま

♡主な登場人物♡
ワタシ ・カッパ



ムスメ ・ヒヨコ
ムスメ


夫 ・コアラ
オトーサン


ムスメムコ殿 ・エリートネコ
ムコドノ


マゴムスメ ・マメ
2013年12月誕生
mame_chan.gif
生後5カ月以降キャラ変更↓
オマメ


白文鳥のスズ
2008年4月10日~15日頃生まれ。


2017年5月21日、虹の橋のたもとへ。



など、主に家族や日々の笑えるネタを
描いています

character designed by HIYOKO.

 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

5月にスズがいなくなって四十九日はとっくに過ぎました。

初盆ですが、ムコ殿は お盆休みが長いので

その間おマメちゃんに会いに行くのをやめていました・・・




スズは確かにいます


スズの遺骨の横に置いてあるLEDキャンドルは

底にスイッチが付いているので

勝手に点灯しないハズですが

最後に寝室に入ってきたムコ殿の足元を照らすかのように

扉を閉めた瞬間に点灯したそうです


永遠のスズ

スーちゃん、ありがとう(T ^ T)


 
2017/08/21 09:10|文鳥のスズTB:0CM:24
スズがお星様になって

早いもので1ヶ月以上経ちました

来週は四十九日になります





スズの空耳が


親の介護も大変になってきたので

今まで以上にボチボチになりそうですが

また見に来てくださいね( ´ ▽ ` )ノ



本日のオマケ↓
去年作ったワンピースが全部着られなくなったおマメちゃんに新作です♪
ワンピース2017-1

カバーパンツも作りました♪
カバーパンツいちご

忙しい毎日の中でも
おマメちゃんの服を作ることが
ストレスの解消になってます( ´ ▽ ` )ノ


 
2017/07/06 08:53|文鳥のスズTB:0CM:40
ご心配をおかけしています。

たくさんのメッセージやメールをいただいているのに
お返事も書かず、失礼していてすみません。

日曜日の早朝に旅立ち、一晩でも一緒にいたいと思っていましたが
ムコ殿も夫コアラも仕事が休みなので、夜遅くにお葬式をしてもらいました。

悲しみに暮れる私たちに、
葬儀場の担当の方は、手厚く供養してくださいました。

おマメちゃんは、まだ理解ができないようですが
何故か異常に明るいです(⌒-⌒; )

9年間の思い出はあまりにも濃厚で
そのうち私が一緒に暮らしたのは4年間でしたが
5年前にムスメが嫁ぐ時について行ったので
9年間ずっと一緒に暮らしていたムスメは
まだ深い悲しみの底にいます。

そんな私たちを推し量って、心に寄り添い
優しい言葉をかけてくださった皆様に
心からお礼を申し上げます。

本当に本当にありがとうございます。

永遠のスズ
 
2017/05/23 17:25|文鳥のスズ
本日 早朝

可愛いスズが永眠しました。

9歳と1ヶ月でした。

先日の東京旅行の予定を立てた頃は元気だったので

まさかこんなに早くこんな日が来るとは思いませんでした。

今月に入り、体調を崩したので投薬・治療をしていたので

昨日も水浴びをしたがるなど、元気な様子だったそうです。


スズは就寝時はムスメとおマメちゃんとムコ殿と同じ寝室で

並んで寝ていたので一人ぼっちじゃなかったことだけが

今は救いです。


スズがいたから始めたこのブログは

まもなく丸5年を迎えるところでしたが

この先、どうするか 心の整理ができるまで

しばらくお休みさせていただきます。

たくさんの皆様に応援していただき

本当に本当にありがとうございました。

2017年5月21日

 
2017/05/21 10:23|文鳥のスズTB:0
先日 9歳 になった文鳥のスズは
小さい頃から気性が激しく
大好きなムスメ以外の人には
クチバシでつつくことがあるのですが
自分より後からやってきたニンゲンのおマメちゃんには
手荒なマネは決してしません。




スズはお兄ちゃん♪


やっぱり自分の方が上だと思っているのか
おマメちゃんにナニカしたら叱られると
思っているのか・・・(⌒-⌒; )??
どっちにしても エライでしょ〜〜(^m^ )??


 
2017/04/20 07:43|文鳥のスズTB:0CM:26

ランキングに参加しています 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

 

アクセスありがとうございます。 

 

ブロとも申請フォーム 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.